BONNOH FRACTION 14

世の中に寝るより楽はなかりけり
浮世の馬鹿は起きて働く

MacBook Pro Retina 購入

初代 MacBook Pro は一年で買い替えたものの、 どうやら 3 年ごとに MacBook Pro を買い替えるのが自分のペースらしい。 (MacBook Air や Mini、無印は除く。)

そういう訳で、2013 Late MacBook Pro Retina を購入。

注文時のシステム構成はこんな感じ。

  • 2.6GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)
  • 16GB 1,600MHz DDR3L SDRAM
  • 256GBフラッシュストレージ(PCIeベース)
  • バックライトキーボード (US) + 製品マニュアル(日本語)
  • アクセサリキット

そもそも購入した理由は 8GB というメモリが VM を利用するのに手狭すぎたという理由だったので、 当然 16GB にカスタム。

使い勝手

現状、手持ちの MacBook は、

  • 2010 Mid 15inch MacBook Pro
  • 2010 Late 11inch MacBook Air
  • 2013 Late 13inch MacBook Pro Retina

ということとなった。

2010 Mid 15inch の MacBook Pro の画面解像度は 1,680 x 1,050 だったわけで、 13inch の MacBook Pro Retina は完全に物理サイズが小さいだけで 15inch の上位互換となる。 (DVD ドライブは使わないし、有線 LAN も使わないという前提になるけれど。)

厚さも十分薄いし、高性能だし、11inch MacBook Air の出番を取る勢い。

セットアップ

これを機に Boxen を使ってみることにした。

軽い感想をいうと、 Boxen を使い始めるとパッケージのインストールから何まで Boxen 経由でやらないと次回のセットアップが楽にならないので、 3年に一度のセットアップのために Boxen の設定をメンテするのは面倒だな、という感じ。

どうしたものか。

  • にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ

© 2004-2016 fraction.jp & Yuanying

This website was created with Webby