BONNOH FRACTION 14

世の中に寝るより楽はなかりけり
浮世の馬鹿は起きて働く

雪道ラン

朝起きると、外には雪が積もっていた。 昨日から天気予報に騙されまくってるな、とぶつくさ。

それでも昨日は二度寝してしまい朝ランできなかったし、雪道走るのも楽しそうなのでそそくさと準備。 Nike Free Run+ で走るのも二回目。

昨日、いろいろ フォアフット着地 でぐぐったところ、 どうも一昨日の走り方は違うらしい。 もっと自然に、地面をなでるように走るのが正しい模様。

よし、正しいフォームできちんと走るぞ!と勢い勇んでトレーニングに出発。

はい、雪が積もってると 無理 ですな。フォームを確認しながら走るのは。

それでも少ないながらも雪が積もっていない道での感触からすると、

  1. どうも自分のフォームはフォアフットとは言わないまでもミドルフット着地くらいの接地走法っぽかった。
  2. Nike Free Run+ でかかとのクッションが少ないから痛くなるかと思いきや全然気にならない。
  3. 若干、右足に違和感があるが、右足は気を抜くとかかと着地をしているなまけた足だった。
  4. Nike Free Run+ で走ることで右足がかかと着地をしているのがすぐにわかるので、修正しやすかった。

右足のひざが痛くなるのはある程度スピードが出ている時よりもむしろ、のんびりとノロノロ走ってる時が多かったのだが、 たぶんなまけものの右足は、低速走行の時はなまけてかかと着地しやがっていたのだろう、なまけたやつだ。

と、言うことで、右足ひざの痛みの解消法に光が見えてちょっとルンルンの朝であった。

おまけ

雪道ランのあと、多少迷ったが、結局いつも通り自転車通勤。 違うところと言えばいつもはロードなところをクロスバイクなくらい。

雪が積もった道路ははじめてでは無いが注意しないと簡単にタイヤがすべるので結構ナーバスにのろのろと。

そんな中、向かい側からロードバイクに乗ったおっちゃんが、これもまたヨロヨロとやってきた。 なんか右側にやたらと寄ってるけど、雪が多少でも解けてるのはこっち側を走っているのだろう。

こちらもこちらで、それでも多少は雪が解けて走り安くなっている場所を選びつつ走らないとすべってこける。

仕方が無いので左側をおっちゃんが邪魔だなと思いつつヨタヨタとすり抜けると…、 そのおっちゃん、すれ違い様に、 「なんでこんなに道が広いのにこんな近く走るんだ、馬鹿かこの野郎!?」 と吐き捨ててきた!

むしろこっちとしては、なんで右側走ってんだお前が左側に避けろよと思ってるので、 すぐさま「左側走行だろう、左!」と言い返したが、

どうして、

  1. 「交通ルールわかってんのかこの糞野郎!」
  2. 「一回死んでこい!」
  3. 「誰が馬鹿だこの間抜け!」

と続けざま言い返すことができなかったのかと後悔。

文句の後に「馬鹿かこの野郎!?」とすぐさま吐き捨てることができるナチュラルボーン自己中との格の違いをまざまざと見せつけられた朝であった。

Nike Free Run+
Amazon で見る
  • にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

© 2004-2016 fraction.jp & Yuanying

This website was created with Webby