BONNOH FRACTION 14

世の中に寝るより楽はなかりけり
浮世の馬鹿は起きて働く

git で共用レポジトリを作成する

git で subversion 的な共用レポジトリを作成するには。

今までは適当に bare なレポジトリを作成して sgid を設定して、 ユーザの zshenv に umask 002 を設定して、、と面倒なことをしていたが、 --shared オプションをつけてレポジトリを作成すれば良いだけらしい。

$ umask 002
$ mkdir test.git
$ chown -R yuanying:everyone test.git/
$ cd test.git/                        
$ ll -a 
total 0
drwxrwxr-x  2 yuanying  everyone   68 11 16 10:52 ./
drwxrwxr-x  8 yuanying  staff     272 11 16 10:52 ../
$ git --bare init --shared 
Initialized empty shared Git repository in /Users/yuanying/Projects/html/test.git/
$ ll -a 
total 24
drwxrwsr-x   9 yuanying  everyone  306 11 16 10:53 ./
drwxrwxr-x   8 yuanying  staff     272 11 16 10:52 ../
-rw-rw-r--   1 yuanying  everyone   23 11 16 10:53 HEAD
-rw-rw-r--   1 yuanying  everyone  145 11 16 10:53 config
-rw-rw-r--   1 yuanying  everyone   73 11 16 10:53 description
drwxrwsr-x  12 yuanying  everyone  408 11 16 10:53 hooks/
drwxrwsr-x   3 yuanying  everyone  102 11 16 10:53 info/
drwxrwsr-x   4 yuanying  everyone  136 11 16 10:53 objects/
drwxrwsr-x   4 yuanying  everyone  136 11 16 10:53 refs/

ちゃんとディレクトリに sgid もついてる。素晴らしい。

$ more config      
[core]
        repositoryformatversion = 0
        filemode = true
        bare = true
        ignorecase = true
        sharedrepository = 1
[receive]
        denyNonFastforwards = true

--shared オプションをつけないで作成してしまった後でも、 config ファイルに sharedrepository = 1 を追記すれば良いみたい。

まとめ

レポジトリ作成時の --shared オプションは以下のことをやってくれる。

  • レポジトリ内に作られるディレクトリのパーミッションに sgid を付加。
  • config ファイルに sharedrepository = 1 を追加。
    • ユーザがこの共有レポジトリに push した際に、ファイルのパーミッションを、 グループも読み書きできるようにしてくれる。
    • ユーザの .zshenv などに umask を設定する必要が無い。

参考

  • にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ

© 2004-2014 fraction.jp & Yuanying

This website was created with Webby