BONNOH FRACTION 14

世の中に寝るより楽はなかりけり
浮世の馬鹿は起きて働く

US キーボードで入力切り替え

us_keyboard.jpg

2ch やら Mixi の Mac スレッドで、 しょっちゅう何度も繰り返し起こる宗教内派閥戦争として、 US キーボード派と JIS キーボード派の抗争がある訳ですが、 私はどっちかっていうと US キーボード派なわけです。

US キーボード派の中にも、

  • 醜い「仮名」が刻印されていないシンプルな US キーボードはデザインに拘る Mac なら当然だぜ派
  • そもそもデザイン云々より、アプリケーションのショートカットの押しやすさなどの使いやすさで US キーボードを選んだんだ派

という二派に別れてたりして中々興味深く、「使いやすさで US キーボードを選んだんだぜ」派が、 「デザインで US キーボードを選んだんだぜ」派を若干馬鹿にしていたりして、 たまにレスの中にそのような差別意識が垣間見えるのです。

そんな私はデザインが US キーボードの方がかっこいいから US キーボードにしてしまった、 US キーボード派の中でも身分の低い出自でございます。

というのも、「日本語を入力する」というユースケースのみに目を向けると、 確かに記号の配置などを考えなければ「英数/かな」キーがある JIS キーボードの方が、 入力しやすいんじゃないかと思ってたからです。

US キーボードの場合、入力モードの切り替えは、 cmd + スペースで入力モードの状態をトグルで切り替えなければならないので、 「英数/かな」キーを使って入力モードの状態を考えずに切り替える方法と比べて切り替えをミスすることが多いですよね。

もちろん、Ctr + Shift + J や Ctr + Shift + ; を使って「英数/かな」キーの代わりにすることもできますが、 一つのキーで完結する JIS キーと比べて使いにくいと言わざるを得ないじゃないですか。

と、今まで入力モードの切り替えがしづらいなあと、悩んでいたのですが、 つい最近、2ch のスレを読んでいて解決しました。

KeyRemap4MacBook を使えば良いんですね!!

設定項目に、

KeyRemap4MacBook.png

  • Command_L to Command_L (+ When you type Command_L only, send EISUU)
  • Command_R to Command_R (+ When you type Command_R only, send KANA)

というのがあるので、これを設定してやれば、左のコマンドキーだけを押せば「英数」キーを押したことに、 右のコマンドキーだけを押せば「かな」キーを押したことになります。

なんて便利。

もちろん、Command + C とか、ショートカットの操作をした時には入力モードの切り替えは起きません。

設定をすることを厭わなければ、わざわざ JIS キーボードを選択するメリットはあまりないのかもしれないと思い始めました。

  • にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ

© 2004-2018 fraction.jp & Yuanying

This website was created with Webby